A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー) : 軽めの音じゃあないですね

欲張りなスピーカー. 屋外で使用していますが音量は十分で音質もこの価格帯の中ではトップクラスではないかと思います。また、防塵・防水は屋外で使用する際はかなり助かります。もちろん音が良いので室内でも十分使えます。いろいろなスピーカーを試聴してきましたがこれは本当におすすめで買っても後悔はしないのではないでしょうか。.

音質もよろしかった。ただ、あまり電池は持たないような…気がしました.

A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 29.2 x 14 x 13.5 cm ; 1.8 Kg
  • 1.8 Kg

現時点において最高音質. いろいろなメーカーのレビューがよく書かれた高品質のブルツーススピーカーを購入し同じ場所で聴きくらべた結果このスピーカーが低音から高音までできる特に高音がきれいに通りレンジが一番広い他のはすべて低音より高音がでていてもこのスピーカーほどはっきり出ておらずこもりがちである1万5千円位でこのスピーカーが買えるならコスパは最高で絶対後悔なく後でどんな高好評のスピーカーを買ってもこのスピーカーにはかなわないこれ1台て十分.

A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー) : これ結構良い感じです。.  いわゆるピュアオーディオに給料のほとんどをつぎ込んでいた時期があったほど音にはうるさかった時もあります。しかし、だんだんと外堀を埋められて行き、気が付くと、スマホにイヤホンをつなげて細々と音を聞いておりました。 そしてある日、bluetoothで音を飛ばすスピーカーの存在を知り、これは便利だと思い、早速boseやらsonyの製品を聞いてみたんですが、なかなかこれと言ったモノがありません。 いい音の製品は、そもそも価格が高いし、ついでに、サイズも大きくなり、バッテリ未搭載です。 自分が目指すのは1~2万円くらいで、小さくて、音がよくて、何処にでも持ち運べて、という製品です。 たしかにboseのsoundlink mini 2は、あのサイズでよくあそこまで、元気モリモリの音を出せるなって思いました。初めて聞いたときはビックリしました(゚Д゚) だけど、まあboseなんですよね(boseは嫌いじゃないですが)。頑張っている分、聞いているとだんだん疲れてきます。10分間くらいはいいんですが、これが30分、1時間となると、この低音のブーストがちょっと嫌になってくるんです。 じゃあということで、上位機種のsoundlink iiiを入手してみました。サイズが大きい分、結構余裕があって、これはこれでよいなと思うのですが、どうも中高音が負けてしまって音が籠って聞こえます。曲にもよりますし、セッティングにもよります。結構めんどくさいスピーカーです。 でsony。2,3年前に発売のsrs-x7は、音がソリッドなのは良いのですが、ブーストの音域が低くて、全体におとなしい、ちょっと痩せ気味の音。で、ボリュームを上げると、その雰囲気のまま音量だけが上がって、聞いていて、全然楽しくないんです。 srs-x55は低中域がモリモリになって音の厚みも増してなかなか良いと思うんですが、音量を上げると、途端に中高域がノイジーになってしまい、また、音のバランスが狂って、中高音が痩せて聞こえてしまいます。惜しいです。価格クラス分けのために、わざとこんな設定にしているのかと思うくらいです。 srs-x88は、srs-x7をリッチにした様な音で、いい音です。でも、高いし、筐体がでかいし、バッテリー積んでないし。  srs-xb3は、これは、低音マニア向けの製品で、これはこれでありだと思いますし、サイズに対する低音の出てる感が尋常じゃありません。が、いつも聴いていたい音ではありませんでした。 jblのcharge3は、これはなかなか気に入りました。程よい低音。中高温もきちんと出ていて、音の余韻もこのクラスとしては、きちんと残っていて、okです。ただ音が硬いですね。これ、使い込めばよくなるのかなあ?  で、ふとwebで見つけたtdkのa34。tdkがスピーカーを作っていたのは知っていたのですが、最初に購入したのがxa-40という、一辺が約16cmのキューブ型でステレオ音場も再生できますという(あまり覚えてない)スピーカーでしたが、これこそ値段相応の貧相な音でした。なので、正直tdkのイメージは悪かったです。 しかも、調べていくとtdkは2015年でこの手の事業から撤退。2020年まではサポートは続けるという状態。 迷いましたが、まあ、価格もそこそこなので、入手してみました。で、やっと、a34のレポートが始まります。お待たせしました(^_^)。 bose soundlinkiii(以下sl3)の幅をちょっと小さくして、高さを2/3にした様なサイズです。しかし、それでも出てくる低音はsl3に勝るとも劣らない。 ちょっと方向性が違うんですが、sl3の様にボンボンとちょっとだぶつきがちな低音とちがって、きちんと制御された低音です(もちろん比較での話です。上を見たらキリが無い)。 バスドラのアタック音もわかるし、その後のボンという響きも感じられるし。 sl3もa34も化粧は間違い無くしています。でも、厚化粧がすぐに分かるsl3に対してa34はナチュラルメイクですね。 そして、中高音ですが、ちゃんと出ているんです。ちょっとシャカシャカしてますが、sl3では低音でマスクされてしまうキーボードの音や、ハイハットの音が、ちゃんと聞こえてます。sl3を聞きなれると音のバランス感覚がおかしくなりますが、a34を聞くと、あ、こっちが本当(に近い)ってハッと気付かされます。  そして、使っているスピーカーユニットが良いのでしょうか、音質が良い。そのため、聴き疲れもしにくいと思います。さすがに3時間ぶっ通しで聞いたときは、耳とクビが逝きましたが。 sl3では低音が出すぎる場合、例えば壁から離すとか、置き場所を変えるとかをすると劇的に変わるんですが、そうすると、今度は中高音が、痩せてしまいます。あの低音有りきでバランスされている様で、低音を調整すると(低音調整スイッチが有るわけじゃありません。設置場所を変える等の調整方法です)中高音までおかしくなります。 a34も、環境の影響を受けますが、sl3よりは遙かに小さいですし、中高音の痩せもほとんど感じません。 ピュアオーディオ的なバランスの良さを感じます。すごく日本的な音を感じます。舶来!のboseに対して国産!の回答がこれなんです!みたいな。ところが、これ、米国会社が作っているみたいです。あぁ、、、。 sl3が、boseの造った音を楽しむスピーカーであるなら、a34は、元の音を、このサイズ、価格で出来る限り、バランス良く出そうとした結果のスピーカーです。(boseのバランス感覚と、a34のバランス感覚が単に違っているって話です)。 ホントだったら、ヤマハとかダイヤトーンとかビクターあたりにやってもらいたい仕事だと思うんですが、ヤマハやダイヤトーンはこのセグメントには参入してませんね(ダイヤトーンはそもそももう無いんだっけ?)。ビクター、オンキョウはboseクローンを造ってどうするんだよ。 sonyは低価格品ではboseを意識しすぎ。対bose製品の他にもう一つ製品ラインナップがあるといいのですが、今はそれが価格が高い方に行っちゃってる。  そして、あまりにも惜しいのは、tdkが既にこの分野から撤退してしまったということです。こんなに素晴らしいスピーカーを作っておいて、もう商売やめましたって、うーん、世の中うまくいかなですね。ほんと、残念。 再参入しませんかね? あ、充電池は、li-ionでお願いします。ni-mhでは、この用途では圧倒的に不利です。この手のスピーカーは基本、電源付けっぱなしだと思うので、過放電に弱いni-mhは、一発でダメになると思います。そんなこと技術者が分からないはずがないので、やっぱ、スピーカーユニットや調整にコストを掛けすぎて、しわ寄せがバッテリーに来たのですかね?.

One thought on “A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー) : 軽めの音じゃあないですね”

  1. This review is from : A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

    当時はこの手の商品が何社も扱っていて今とは比べ物にならない位店頭に並んでいました。10機種以上と比較してこれになる。当然現在も店頭に並んでいるsony,jbl,boseを含む。sonyはx33でしたが圧倒的に音が弱かった。boseは独特の音作りで見た目も格好良く買おうかなとも思い、jblはただただブランド的にいいなと思い、でも実を取りました。音だけならこれが一番良かった。ヤマハ、オンキョウ、なんかもぱっとしなかった。で、今は?軒並み20w以上にパワーアップしているけど。jblやsonyって音の分離が悪い。boseは全く変わり映えせず我が道を行ってる感じ。全然こいつを超えてない。2年使って気になってた高域もすごく出る様になってはいるものの全然勝てないってどういう事だろう。私のa34は充電しなくなり、接続もなんか怪しく、ac電源&有線で使用になってしまっている状態。新しいのが欲しいのですがとって代われる実力を持つものが店頭では見つからず、ネットで評判の良いsoundpeats p-1を買って見たけど高域低音とも出てるけどごちゃごちゃした音。jblをもっとごちゃごちゃしたような。更に評判のいいggmm e-5を購入。確かに音はよさそう。でも並べると分離の良さ、メリハリで負けている。もうしようが無いのでe-5を使いこんで少しでも音がよくなってくれればいいと思うだけです。.
    1. 当時はこの手の商品が何社も扱っていて今とは比べ物にならない位店頭に並んでいました。10機種以上と比較してこれになる。当然現在も店頭に並んでいるsony,jbl,boseを含む。sonyはx33でしたが圧倒的に音が弱かった。boseは独特の音作りで見た目も格好良く買おうかなとも思い、jblはただただブランド的にいいなと思い、でも実を取りました。音だけならこれが一番良かった。ヤマハ、オンキョウ、なんかもぱっとしなかった。で、今は?軒並み20w以上にパワーアップしているけど。jblやsonyって音の分離が悪い。boseは全く変わり映えせず我が道を行ってる感じ。全然こいつを超えてない。2年使って気になってた高域もすごく出る様になってはいるものの全然勝てないってどういう事だろう。私のa34は充電しなくなり、接続もなんか怪しく、ac電源&有線で使用になってしまっている状態。新しいのが欲しいのですがとって代われる実力を持つものが店頭では見つからず、ネットで評判の良いsoundpeats p-1を買って見たけど高域低音とも出てるけどごちゃごちゃした音。jblをもっとごちゃごちゃしたような。更に評判のいいggmm e-5を購入。確かに音はよさそう。でも並べると分離の良さ、メリハリで負けている。もうしようが無いのでe-5を使いこんで少しでも音がよくなってくれればいいと思うだけです。.
      1. 若干好みはあるかも. 好みがあるかもしれませんが、まぁ普段使いするにはいい製品と思います.
  2. 若干好みはあるかも. 好みがあるかもしれませんが、まぁ普段使いするにはいい製品と思います.
  3. This review is from : A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

    軽めの音じゃあないですね. わたしはあまり音楽を聴くほうではなく、このスピーカーではpodcastなどニュース類を聞くことが多いので、中音寄りの落ち着いた音はきらいではないですが、華やかさには欠けるかなと思います。バッテリーは、たしかにフル充電後なら5時間ちょっとは持ちます。しかし、メインスイッチを切っておかないと、放電して勝手に減ってしまいます。毎日使わない人は、メインスイッチをこまめに切ったほうがいいでしょう。bluetooth のセットは簡便ですが、リンクはけっこう不安定でした。「でした」と書いたのは、あまり使わないからです。たしかにスマホやパソコンから飛ばして、スピーカーを浴室やキッチンで使うという場面を考えてはいましたが、接続がプツプツと切れるのでは意味がありません。これはbluetoothマウスでも共通の問題なので、通信距離10メートルなどに騙されず、おまけくらいに思っていたほうがいいでしょう。そこら中の電波の干渉があるのだと思います。どっしりした重さがあるので、安定性は抜群です。.
  4. This review is from : A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

    軽めの音じゃあないですね. わたしはあまり音楽を聴くほうではなく、このスピーカーではpodcastなどニュース類を聞くことが多いので、中音寄りの落ち着いた音はきらいではないですが、華やかさには欠けるかなと思います。バッテリーは、たしかにフル充電後なら5時間ちょっとは持ちます。しかし、メインスイッチを切っておかないと、放電して勝手に減ってしまいます。毎日使わない人は、メインスイッチをこまめに切ったほうがいいでしょう。bluetooth のセットは簡便ですが、リンクはけっこう不安定でした。「でした」と書いたのは、あまり使わないからです。たしかにスマホやパソコンから飛ばして、スピーカーを浴室やキッチンで使うという場面を考えてはいましたが、接続がプツプツと切れるのでは意味がありません。これはbluetoothマウスでも共通の問題なので、通信距離10メートルなどに騙されず、おまけくらいに思っていたほうがいいでしょう。そこら中の電波の干渉があるのだと思います。どっしりした重さがあるので、安定性は抜群です。.
  5. This review is from : A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

    事前調査でa34はa33に比べて高音域の物足りなさが多少改善されているようでしたのでこれを購入しました。まずびっくりしたのは重量です。さすが1. 8kgですね、ずっしりとした感じです。1. 8kgというのは無停電電源装置に入っている12v5ahの鉛バッテリーとほぼ同じ重さです。中にオモリでも入ってるのかってくらい重いです。携帯性は正直微妙な感じです。あと個人的に良いと思ったのが音量をledバーみたいなやつで表示してくれる所です。現在の音量がひと目でわかってこれはかなり良いです。音質についての評価ですが、2khz~5khzが強く、16khz以上が弱いようです。声は聞き取りやすいですが音楽を聞くには邪魔ですね。低音は強調し過ぎることもなくバランスよく出ていますがまともに出ているのは80hz以上で60hz以下になるとほぼ聞こえません。ちょっと弱いかなと感じる人もいるかもしれません。がしかし、この個体サイズと価格だとかなり頑張っている方だと思います。全帯域フラットとは行きませんが結構バランスが良いです。が、やはり高音が弱いのがかなり残念なので☆4でかなり適当ですがf特を取ってみました。機材環境がかなりゴミなのであまり参考にならないですが高音が弱いのは明らかのようです。なんでこのサイズで高音が出ないんだろう?かなり謎です。低音は80hzピークでぐだぐだ下がって60hz以下はほぼ出てないですね。700hz付近の極端な低下は環境によるものと思われます。.
    1. 事前調査でa34はa33に比べて高音域の物足りなさが多少改善されているようでしたのでこれを購入しました。まずびっくりしたのは重量です。さすが1. 8kgですね、ずっしりとした感じです。1. 8kgというのは無停電電源装置に入っている12v5ahの鉛バッテリーとほぼ同じ重さです。中にオモリでも入ってるのかってくらい重いです。携帯性は正直微妙な感じです。あと個人的に良いと思ったのが音量をledバーみたいなやつで表示してくれる所です。現在の音量がひと目でわかってこれはかなり良いです。音質についての評価ですが、2khz~5khzが強く、16khz以上が弱いようです。声は聞き取りやすいですが音楽を聞くには邪魔ですね。低音は強調し過ぎることもなくバランスよく出ていますがまともに出ているのは80hz以上で60hz以下になるとほぼ聞こえません。ちょっと弱いかなと感じる人もいるかもしれません。がしかし、この個体サイズと価格だとかなり頑張っている方だと思います。全帯域フラットとは行きませんが結構バランスが良いです。が、やはり高音が弱いのがかなり残念なので☆4でかなり適当ですがf特を取ってみました。機材環境がかなりゴミなのであまり参考にならないですが高音が弱いのは明らかのようです。なんでこのサイズで高音が出ないんだろう?かなり謎です。低音は80hzピークでぐだぐだ下がって60hz以下はほぼ出てないですね。700hz付近の極端な低下は環境によるものと思われます。.
      1. 2万円以下 bluetooth スピーカーではイチオシの音質と機能です. 2万円以下でそこそこの音量で鳴ってくれる bluetooth スピーカーを探していましたが、最終的に選んだのはこれでした。量販店店頭で各社の近似ランクの製品と比較してみましたが、音質・音量ともa34が気に入って購入しました。スピーカーの音は好みで評価がわかれますが、ポップスやロックをパワフルな音量でガンガン鳴らせる、という条件で探してみました。購入時に迷ったのは以下の製品です。bose… sound link mini がけっこうネットでの評判が高かったのですが、店頭で試聴した感想は「超小型サイズの割にそこそこの音が出る」というだけで、私が要求した音質・音量(特にパワー感)からすると物足りないレベルでした。重低音ではないふわっとした低音が出ますがパワー感はなく、中音域が抜けている感じで、このサイズで低音を期待するのがそもそも無理なのでしょうね。自分のiphoneに入れてる曲で聴き比べすると、他製品では聞こえるいくつかの楽器が、消えてたりするのに気が付きます。sound link mini の音には期待していたのでガッカリしました。購入前に店頭で他の製品と比較試聴することをおすすめします。結構良かったのは sound link color のほうで、mini よりはパワー感がありそこそこ鳴ってくれますが、音の広がり感、奥行き感には欠けます。でもサイズと軽さは魅力。2台買ってステレオで使うと良さそうですが…jbl …flip2 は音量的に物足りなかったのですが、charge は音量・音質的にはオッケーでした。ネックになったのは丸い筒型の形状。ここは好みが別れるでしょうね。ultimate ears ue boom …音質は良いですが、音量的にはもう一歩といったところ。これも2台買ってステレオで使うと良さそう。sony srs-x3 …音量的にはまあ合格点。最後まで迷ったのはこれでした。850gという軽さでこれだけの音が出せる sony の技術はさすがといった感じです。軽いのも魅力でしたが、私の場合は家の中で使うので a34 の重さ(1250g)はオッケーでした。ちなみに私が見た店(ヨドバシ、ビックカメラ、ベスト)にはたまたまx5(またはx55)がなく比較出来なかったのが残念でした。たぶん、ちょうどx5とx55の入れ替え時期に当たっちゃったんでしょうね。あったら、もっと迷ったと思います。で、a34に決めたのは、相当大きな音を出しても歪まずに鳴ってくれるパワー感がこのクラス最高だったことです。ボーカルも自然だし、音の分離もなかなかで、今いろいろなジャンルの曲を鳴らしてみて、これを選んで良かったと満足しているところです。あと、防水・防塵仕様(ip64相当)というのも大きなメリットでした。台所で水をジャンジャン流してても水はねを全然気にせず、水はね音がに負けない大音量で聞くことが出来ます。また、たまには屋外でも使いたいと思っているので、防水・防塵仕様は魅力的でした。ところで srs-x3 の総合出力は 20w、ue boom の 18Wに対して a34 は 15Wですが、店頭で自分の iphone を bluetooth 接続して試聴し、音量が大きく感じられたのは a34 でした。単純に出力W数だけでは評価できないようですのでご注意を。とはいえ bose は定格出力をカタログにも取扱説明書にも表記していないんですが、何ででしょうね。a34 の星がひとつ少ないのは、外観がイマイチなのが理由です。丸い銀バッチは不要。上から黒いシートを貼る予定です。(^_^;)購入後に気になったのは、充電が acアダプタのみで usb 充電が出来ないところです。この付属 acアダプタがデカくて重いのですよ。といっても、ここはメーカーさんにとっても悩みどころのひとつでしょう。付属acアダプタの定格は 12v-2a と強力なのに対して、通常の usb 仕様は 5vで、パソコンのポートだとせいぜい 500ma がmaxですので、下手に usb 充電可能な仕様にすると、おそらく充電時間がメチャメチャ長くなってしまうと思われます。案の定、12vの a34 の場合、満充電時間は3時間なのに対して、usb 充電可能な 5v仕様の srs-x3 の場合、付属のacアダプターを使っても約5時間とのこと。これをacアダプターじゃなくてパソコンのポートにつないだら、満充電にはさらに長い時間がかかってしまうと思います。でも、usb 接続できると、充電が切れた時に臨時救済的に使えるんで良いんですよね…。充電時間ってどのメーカーもあまり公表していなくて比較しにくいのですが、ちゃんと公表している sony は良心的だと思います。a34 は量販店店頭で確認した数字でして、取扱説明書にも表記はありません。ちなみに a34 は tdk ブランドなので日本の会社の製品かと思ってたのですが、実は imation という米国の会社が tdk ブランドを使って作っている製品で、今回比較した会社は sony 以外全部米国でした。.
  6. This review is from : A34B(全天候仕様Bluetoothスピーカー)

    2万円以下 bluetooth スピーカーではイチオシの音質と機能です. 2万円以下でそこそこの音量で鳴ってくれる bluetooth スピーカーを探していましたが、最終的に選んだのはこれでした。量販店店頭で各社の近似ランクの製品と比較してみましたが、音質・音量ともa34が気に入って購入しました。スピーカーの音は好みで評価がわかれますが、ポップスやロックをパワフルな音量でガンガン鳴らせる、という条件で探してみました。購入時に迷ったのは以下の製品です。bose… sound link mini がけっこうネットでの評判が高かったのですが、店頭で試聴した感想は「超小型サイズの割にそこそこの音が出る」というだけで、私が要求した音質・音量(特にパワー感)からすると物足りないレベルでした。重低音ではないふわっとした低音が出ますがパワー感はなく、中音域が抜けている感じで、このサイズで低音を期待するのがそもそも無理なのでしょうね。自分のiphoneに入れてる曲で聴き比べすると、他製品では聞こえるいくつかの楽器が、消えてたりするのに気が付きます。sound link mini の音には期待していたのでガッカリしました。購入前に店頭で他の製品と比較試聴することをおすすめします。結構良かったのは sound link color のほうで、mini よりはパワー感がありそこそこ鳴ってくれますが、音の広がり感、奥行き感には欠けます。でもサイズと軽さは魅力。2台買ってステレオで使うと良さそうですが…jbl …flip2 は音量的に物足りなかったのですが、charge は音量・音質的にはオッケーでした。ネックになったのは丸い筒型の形状。ここは好みが別れるでしょうね。ultimate ears ue boom …音質は良いですが、音量的にはもう一歩といったところ。これも2台買ってステレオで使うと良さそう。sony srs-x3 …音量的にはまあ合格点。最後まで迷ったのはこれでした。850gという軽さでこれだけの音が出せる sony の技術はさすがといった感じです。軽いのも魅力でしたが、私の場合は家の中で使うので a34 の重さ(1250g)はオッケーでした。ちなみに私が見た店(ヨドバシ、ビックカメラ、ベスト)にはたまたまx5(またはx55)がなく比較出来なかったのが残念でした。たぶん、ちょうどx5とx55の入れ替え時期に当たっちゃったんでしょうね。あったら、もっと迷ったと思います。で、a34に決めたのは、相当大きな音を出しても歪まずに鳴ってくれるパワー感がこのクラス最高だったことです。ボーカルも自然だし、音の分離もなかなかで、今いろいろなジャンルの曲を鳴らしてみて、これを選んで良かったと満足しているところです。あと、防水・防塵仕様(ip64相当)というのも大きなメリットでした。台所で水をジャンジャン流してても水はねを全然気にせず、水はね音がに負けない大音量で聞くことが出来ます。また、たまには屋外でも使いたいと思っているので、防水・防塵仕様は魅力的でした。ところで srs-x3 の総合出力は 20w、ue boom の 18Wに対して a34 は 15Wですが、店頭で自分の iphone を bluetooth 接続して試聴し、音量が大きく感じられたのは a34 でした。単純に出力W数だけでは評価できないようですのでご注意を。とはいえ bose は定格出力をカタログにも取扱説明書にも表記していないんですが、何ででしょうね。a34 の星がひとつ少ないのは、外観がイマイチなのが理由です。丸い銀バッチは不要。上から黒いシートを貼る予定です。(^_^;)購入後に気になったのは、充電が acアダプタのみで usb 充電が出来ないところです。この付属 acアダプタがデカくて重いのですよ。といっても、ここはメーカーさんにとっても悩みどころのひとつでしょう。付属acアダプタの定格は 12v-2a と強力なのに対して、通常の usb 仕様は 5vで、パソコンのポートだとせいぜい 500ma がmaxですので、下手に usb 充電可能な仕様にすると、おそらく充電時間がメチャメチャ長くなってしまうと思われます。案の定、12vの a34 の場合、満充電時間は3時間なのに対して、usb 充電可能な 5v仕様の srs-x3 の場合、付属のacアダプターを使っても約5時間とのこと。これをacアダプターじゃなくてパソコンのポートにつないだら、満充電にはさらに長い時間がかかってしまうと思います。でも、usb 接続できると、充電が切れた時に臨時救済的に使えるんで良いんですよね…。充電時間ってどのメーカーもあまり公表していなくて比較しにくいのですが、ちゃんと公表している sony は良心的だと思います。a34 は量販店店頭で確認した数字でして、取扱説明書にも表記はありません。ちなみに a34 は tdk ブランドなので日本の会社の製品かと思ってたのですが、実は imation という米国の会社が tdk ブランドを使って作っている製品で、今回比較した会社は sony 以外全部米国でした。.

Comments are closed.